6/5小テスト Flashcards Preview

精神保健福祉援助の基盤 > 6/5小テスト > Flashcards

Flashcards in 6/5小テスト Deck (37):
1

相馬事件

1883年

2

精神病者監護法 年号と需要

1900 私宅監置

3

1964年に設立された協会

日本精神医学ソーシャル・ワーカー協会(現日本PSW協会)

4

宇都宮事件はどのような事件か

1984
看護職員の暴行で入院患者が死亡する

5

1950年に制定

精神衛生法

6

精神衛生法によって廃止されたのは

精神病者監護法(1900)と精神病院法
1919)が廃止

措置入院や保護義務者の同意による入院制度が規定
だが社会防衛策と隔離収容制度は継続

7

1964年の事件

ライシャワー駐日アメリカ大使死傷事件

8

精神病院法の年号と 需要

1919
道府県(都道府県ではない)に精神病院設置の命令

命令のみ

9

精神衛生法 年号と需要

1950

私宅監置廃止
措置入院制度
都道府県に精神病院設置義務・精神衛生所の任意設置規定
精神鑑定医制度

10

ライシャワー事件後の精神衛生法の改正内容と年号

1965

保健所の精神衛生義務明確化
精神衛生センターの設置
通院医療費公費 負担制度

11

1984年に起きたのは

宇都宮事件

看護職員の暴行で病人2リが死亡

12

精神保健法 年号と需要

1987
国民健康の維持増進
国民の義務
入院形態の改正→任意入院
精神保健指定医制度(精神保健鑑定医から名称変更)
社会復帰施設法定化
人権擁護→医療保護入院(保護者の同意入院)

13

障害者基本法 年号と需要

1993
精神障害者が障害者として位置付け

14

精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(精神保健福祉法)の年号と需要

1995
福祉手帳精度創設

15

障害者自立支援法の制定年

2005

16

ICIDH国際障害分類

機能障害、能力障害、社会的不利の国際分類

17

A manual of classification Relating to the Consequence s of Disease

疾病の諸帰結の分類マニュアル

18

機能障害とは

心理的整理的または解剖的な構造または機能の何らかの喪失または異常

19

能力障害とは

人間として正常とみなされる方法や範囲で活動して行く能力のなんらかの制限や欠如

20

社会的不利とは

機能障害や能力障害の結果としてその個人に応じた不利益。その個人にとって(年齢性別社会文化的因子からみて)正常な役割を果たすことが制限されたりすること

21

生活機能(functioning)とは

心身機能身体構造、活動と参加の包括的用語 個人と背景因子の相互作用の肯定的側面を表す

22

障害とは

機能障害、活動制限、参加節約の包括用語 否定的な側面

23

ICF国際生活機能分類

健康状態と相互に関連する三つの要素を心身機能、身体構造、活動および参加としている

その人の属性と特徴は個人因子と環境因子がある

24

心身機能とは

身体系の生理的機能であり心理的機能を含む

25

身体構造は

身体構造は人間の生体全体に言及しており脳を含むもの

26

ICFの機能障害とは

身体の構造や生理機能における喪失や異常

27

活動とは

個人が行う課題または行為の遂行である

28

活動制限とは

個人が活動を行う時に生じる難しさ

29

参加とは

生活場面への関わり。生活機能の社会的観点

30

参加節約とは

個人が何らかの生活場面に関わる時に体験する難しさ

31

相馬事件

1883年

32

精神病者監護法 年号と需要

1900 私宅監置

33

ICFとICIDHの違い

ICIDH障害を分類するもの
ICFは障害に限定しない(風邪や妊娠も)中立な生活機能分類
原因や結果が一方的ではなく双方向

34

社会資源 内的資源とは

強みやポジティヴな部分

35

Y問題とは

1973 診察なしでの入院

36

札幌宣言

1982

37

社会事業婦の設置

1948