Working Capital Management Flashcards Preview

BEC > Working Capital Management > Flashcards

Flashcards in Working Capital Management Deck (20):
1

Working Capitalの求め方

Current Assets - Current Liabilities

2

流動資産の満期を負債の満期と同じ日に設定する理由

資産から得られる入金を負債の出金に一致させることで運転資本を減らすことが出来る

3

Aggressive Working Capitalとは何か

資産の流動性ではなく収益の向上を優先させる

4

Average Collection Periodの分析の目的は

流動性を評価する目的

5

流動比率の計算式

Current Assets / Current Liabilities

6

当座比率の計算式は

(Current Assets - Inventories) / Current Liabilities

7

割引率X%で借りる場合の金利計算は

割引後が入金を元本としてその差分が金利相当として計算する

8

現金割引をしなかった場合の金利コストの計算方法は?

割引権利最終日から起算して割引額を調達し、本来の最終の支払日に当初の支払額面を返済すると考える。差額が金利コスト。

9

実質金利の計算方法

利息÷元本

10

ファクタリングを短期金融と捉えた場合の支払い金利の式は

ファクターへの支払分(前受金利や買取手数料)ー売掛金回収コストの節約分
この際買取手数料はロールオーバーするたびにかかることに留意する。

11

ロックボックスシステムのメリットは何か

フロートを減少させて現金の回収を早めることが出来る

12

与信条件の緩和においての機会費用とは

変動原価×平均売掛回転期間×金利
(変動費分は避けられない投資)
純粋な収益増加分からこの機会費用を引くことで与信条件の効果を測定する

13

与信条件の緩和を巡って過去の貸し倒れ実績は関係あるか

ない。予想される与信期間を延ばした場合である

14

売掛金回転率の式

売上高÷平均売掛金残高

15

経済的発注量の公式は

RootSquare(2aD/K)
a 一回あたりの発注費用
D 需要量
K 保管費用

16

拘束性預金がある場合の金利計算の式は?

(元本×利息ー拘束性預金×利息)÷(元本ー拘束性預金)

17

買掛金を長期の手形に置き換えることによる運転資本への影響は?

短期負債が減少することで運転資本が増加する。

18

売掛金回転日数

売掛金÷1日あたり売上高

19

年換算利率の公式

割引÷(1ー割引) × 360÷(総支払い期限ー割引支払い期限)

20

平均在庫量の式

一回あたりの注文量÷2